35歳を超えた辺りから聴覚過敏がひどくなり、隣家のテレビの音がはっきり聞こえる程になりました。耳鼻科のお医者さんに訴えても心療内科を紹介されるだけ。耳にいいと言われている事は片っ端からやりましたが、どんどんひどくなる一方でした。耳栓も買いましたが、着けると余計に音が響く気がしてすぐに使わなくなりました。上の階で夜中に洗濯機を回す音に夜も寝られず、さらに横のビルの外壁工事が始まり、もう引っ越すしかない時にトマティスの存在を知り、体験レッスンを受けました。

それは不思議な感覚でした。音が身体の中を流れて響きます。決して悪い気分ではありません、むしろやっと呼吸ができる、そんな気分でした。

1時間聴き終わった時には今まで感じた事のないスッキリした気分で、周囲の音も気にならなくなり、トレーニングを受講しました。

聴覚チェックではそうとう小さい音まで拾っていると言うことが解りました。

「耳の良すぎる人は大変ですね」と言う言葉が胸に沁みました。

トレーニングは半分センターで、半分自宅で実施しました。とは言え、昼間は騒音で一杯の時期なので、公園に機械を持ち出したり、図書館でそっと聴いたりしました。

音と一緒にいるのは楽しい事でした。夜も騒音を気にせず寝られるようになりました。

心から感謝しています。