トマティスコンベンションご報告

4/25から28までギリシャ、アテネで開催されたトマティスカウンセラーの世界大会+コンベンションに参加しました。ご報告を。

トマティスメソッドは60年近く世界中で愛されている聴覚トレーニングです。

聴覚が難聴等のはっきりした形でなくても日々の疲労やストレス、トラウマなどで弱る事もある事。

外国語学習ではその人の聴覚の傾向が学習に影響し、特に日本語ではあまり使われない高周波の方がネックとなって私たち日本人は語学に強いコンプレックスを抱えている事。

とにかくたくさん聴く、高周波を強化して聴く、と言うだけではなく、聴覚そのものに働きかけるトレーニングが私たちは可能な事。

トレーニング後自分の声で聴覚の良い状態を保つ事ができる事。

様々な新しい発想をトマティス博士は生み出し、発表し、研究し、広めてこの世を去りました。

それを受け継ぐ私たちトマティスカウンセラーが、世界でどのように広め、研究し、実践しているのか。ぎっちりと充実した4日間でした。

初同時通訳ヘッドホンでのコンベンションでしたが、やはりコトバだけを英語に翻訳されてもニュアンスが良く分からず。目の前のスピーカーの方のフランス語やドイツ語はニュアンスたっぷりだが肝心な部分の意味が分からず。もどかしい思いをしました。外国語がたくさんできる事は楽な事なのだろうなあとしみじみギリシャの空の下思いました。