この時期不安定になっている子

この三月に入る辺りから急に不安定になっているお子さんが見受けられます。

 

春のエネルギーが今年は強いのか、と思っていましたが、思えばあの地震から5年の節目で、ニュースなどで見聞きする事が増えていますので、これが原因の子もいると思います。

5年前。

彼らは今より5才若く、まだ幼かった子もいますね。

それは人生初めての、とんでもない恐怖だった子もいるはずです。

地震そのものもしばらく揺れが続いて恐怖でしたが、その後に続く原発事故と放射能のニュースも、長い間子供たちと私たち保護者を脅かし、不安が続いていたはず。

その気分。

思い出せば、不安定にもなるでしょう。

 

まずは親子で時々深呼吸して下さい。不安な気持ちは呼吸を浅くしてしまいますので、ゆっくり長ーく息を吐くように。

 

おウチで出来る事は。

あまり震災関係のニュースや映像を見せないようにすること。

しっかり防災準備する所を見せる事。

「何かあったら一緒にいるから」「すぐ迎えに行くから」「この荷物を背負って避難するから」などチームとして大丈夫だと思わせてあげる事(防災準備をしている時に、好きなお菓子など買って入れてあげると、楽しい気分も混ざって来ますのでおすすめです)。

 

気になるようでしたらセンターで短時間の聴覚ケアを受けて安心するのも良い事です。

必要でしたらご連絡を。